糖尿病 体の悩み

糖尿病対策で〇〇は絶対禁止!

肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病は、

かかる前の予防でも、かかってからの治療でも

普段の不摂生な生活が原因でなってしまうものなので、

生活習慣を改善しなければなりません。

健康的な食事にして、適度な運動をするのが効果的であることは

わかっているが、そのような生活に改善できないから

生活習慣病になったり、生活習慣病予備軍になってしまうので、

特にいろいろな誘惑のある現代社会では、改善することが

困難になります。

では、何を最優先で直すべきか?

今回は特に40代、50代が気を付けるべき習慣についての

お話です。

糖尿病対策は〇〇は絶対禁止!を解説した動画

【糖尿病】食事より運動より薬よりまずは○○は絶対禁止です

甘い飲み物を避ける理由

動画を見ていただけばわかる通り、最優先で改善すべきは、、、

”甘い飲み物”です。

理由も非常に明確ですが、食事や間食などは消化してから

ようやく血糖値が上がるのに対し、甘い飲み物は、

飲んでからすぐに血糖値が上がります。

私は以前、”臨床検査技師(※)”として働いていたので、

これはよくわかります。

※ 臨床検査技師:医師の指示の下、患者の血液や尿などの体液の検査や

       心電図、超音波検査などの生理機能検査に従事する職業。

”糖負荷試験”という糖尿病の検査があります。

やり方は、前日夜から空腹状態にした患者に糖分を取ってもらい、

1)糖負荷前

2)糖負荷後30分

3)糖負荷後1時間

4)糖負荷後2時間

の合計4回採血を行い、血糖値を測定しその推移を見るもの。

この時の”糖分を取ってもらい”の部分ですが、

砂糖水では飲みづらいため、飲みやすくするために、

炭酸を足したある一定の糖濃度のあるものを用います。

私はこれを飲んだことがあるのですが、、、

サイダーみたいな炭酸飲料でした。

これは飲んだらすぐに、血糖値が上がるので検査には最適です。

しかし、この糖負荷試験で使う炭酸飲料を飲んでから、

”市販で売ってる炭酸飲料って、まさにこの試験で使うものそのもの!”

と実感してからは、市販の炭酸飲料を避けるようになりました。

市販の炭酸飲料を飲むことは、毎回”糖負荷試験”を

行っているようなものなんだな~と思いました。

糖尿病予防に、食事制限したり、ハードな運動をするのは

難易度が高いですが、炭酸飲料や缶コーヒー、ジュースなど甘い飲み物を

避けることから生活習慣を修正していけば、それなりに効果はあると思います。

一緒に、甘い飲み物を避けて糖尿病を予防したり悪化を防ぎましょう!




-糖尿病, 体の悩み
-,

© 2022 体年齢10歳若返りでメタボをぶっ飛ばせ! Powered by AFFINGER5