食事関連

16時間ファスティング(16時間断食)

16時間ファスティング(16時間断食)

について調べてみたので、情報をシェアしたいと思います。

あまり無理なく比較的簡単にできるのでおススメです。

16時間ファスティング(16時間断食)の効能

16時間ファスティング(16時間断食)とは、

1日24時間の内16時間食べ物を食べない!

という簡単なものです。

しかし、簡単な割にダイエットに対して効果抜群なわけです。

代表的な効能として3つあります。

効能1)内臓を休める

常識とされていた”1日3食”の生活は、

体が起きている間、四六時中食べたものを消化するために

活動している状態になります。

消化にも体内でカロリーは消費しますが、内臓は疲弊してしまいます。

よって、1日2食くらいになるこの”16時間ファスティング”は、

ちょうど内臓を休め、体に負担をかけないという点で

効果があります。

効能2)オートファジー活性化

16時間空腹が続くと、細胞内のたんぱく質が新しく生まれ変わる

オートファジー”という機能が活性化されます。

細胞が生まれ変わるので”若返り効果”があるとされています。

単純なカロリー消費のみでなく、この若返り効果も

”16時間ファスティング”の主要な効能といえます。

 

効能3)カロリーコントロール

最後の”16時間ファスティング”の効能は、カロリーコントロールです。

これは単純に、8時間しか食べる時間がないため、食べる量が減ります。

それにより摂取するカロリーが減るというものです。

しかし、1日2食になったからといって、

その2食を”ドカ食い”してしまっては、このカロリーコントロールが

無効になるので、注意が必要です。

バランスよく、食べ過ぎない 1日2食を実践して摂取カロリーを

セーブしていきましょう!

 

16時間ファスティングのデメリット

メリットばかりのように感じる16時間ファスティングですが、

当然デメリットがあるので、注意は必要です。

成長期の子供、妊娠中は、やめたほうがいい!

16時間ファスティングは、故意に栄養不足の状態を作るので

栄養が必要な、成長期の子供や妊娠中の人は、

16時間ファスティングを行わず、十分な栄養を取るほうがよいので

成長期の子供、妊娠中は、避けたほうが良いと思われます。

栄養不足で病気が悪化する場合もある

上記同様、栄養不足が良くないのは、何らかの疾患がある場合、

栄養不足により回復が遅れる場合があるので、

疾患の種類にもよりますが必要な場合は、

16時間ファスティングを行なっても問題がないか?

医師に相談したほうが良いかもしれません

運動量の多い人は、栄養不足になるかもしれない

健康な人でもアスリートなど、運動量の多い人は、

栄養不足の状態になると筋力低下を起こしますので、

16時間ファスティングは避けたほうが良いかもしれません。

このように、栄養不足になっても問題のない状態の人に対し

16時間ファスティングは、効果を発揮すると思うので

上記注意点は考慮してから行ってください。

 

1日3食という思い込みを壊せ!

まずそもそも、”1日3食”というのは誰が決めたのでしょうか?

私たちは、”1日3食”という思い込みを刷り込まれてしまっています。

よって、”大しておなかが空いてないけど、夜ご飯の時間だから。。。”

というわけのわからない理由で空腹でもないのに、

さらにカロリーを取ってしまっています。

人間の”思い込み”というのは、かなり意識しないと直りません。

例えば、ドラマとかの影響なのでしょうか?

”失恋” → ”悲しい事”

とかなり強く刷り込まれています。

しかし、恋人と別れることは、”新しい出会いを見つけるチャンス!”

と捉えることもできるので、100%”悲しいこと”ではありません。

ただでさえカロリー過多な現代社会

”1日3食”というのは正しいのでしょうか??

16時間ファスティングを実践してみた考察

16時間ファスティングを実践してみて感じたことですが、

”空腹”状態のほうが、”満腹”状態より種々のパフォーマンスが高い!

と思いました。

食べ過ぎると、

・眠くなったり

・やる気がでなかったり

という現象が良くありましたが、適当におなかが空いているほうが

この”食べ過ぎ時のよくないこと”がなかったので、

結果的に種々のことで、パフォーマンスが高くなったように感じました。

あと、どうしてもおなかが空いた時は、

カロリーの無いものまたはカロリーの低めの物を

食べたり飲んだりすることもありますが、

軽めの運動をして血流UPするだけで、かなりの場合、

空腹がまぎれることがわかりました。

さ~、一緒に16時間ファスティングを頑張りましょう!




-食事関連
-, ,

© 2022 体年齢10歳若返りでメタボをぶっ飛ばせ! Powered by AFFINGER5