運動関連

若返りに一番効く運動とは

年を取ってくると太ってくるし、いろいろな体の部位に

不調をきたします。

”あ~若返りたい!!”そんな風に思うのは当然です。

運動をしている人はなぜか若々しいので、

運動をすれば若返る! とは思うのですが、、、

しかし、激しい運動をすると

・ひざが痛くなったり

・疲れが取れなかった

・運動が続かなくなってしまう

まー、年を取って急に運動すると、

上記のような現象が出るし続かなくなってしまうものです。

では、どうすればよいのか??

いろいろと情報を集め、考えてみました。

若返りホルモンを多く分泌するようにする

調べていくと”若返りホルモン”というのがあるらしいと知りました。

でも、その若返りホルモンの正体とは。。。

”若返りホルモン = 成長ホルモン”

でした。 笑

考えてみれば、子供が成長していくときに分泌するホルモンなので、

それが”若返りホルモン”だ! といわれても確かに納得できますね

しかしこの”成長ホルモン”は、加齢によって分泌量が減ってきます。

成長ホルモンの分泌は、20代がピークで、

40代では半減、 60代ではさらに半減、、、

という感じに加齢によってどんどん半減されていくので、

年を取れば、どんどん成長ホルモンの分泌がへり衰えていく。

悲しいですが、自然の摂理ですね。

しかし、20代の頃の分泌量を!というのは無理にしても、

”できる限り成長ホルモンを分泌する”方法というのがあります。

 

成長ホルモンを分泌させる方法

ズバリ、”成長ホルモン”を分泌させる方法は、

1、運動

2、栄養

3、休息

だそうです。

本題の運動をまずは飛ばして、”栄養”ですが、

アルギニンを含んだ食事を取るのがよいそうです

ちなみにアルギニンを多く含む食材は、

・うなぎ

・にんにく

・肉類

・大豆製品(豆腐、納豆など)

・牛乳や卵

になります。

アルギニンは、脳神経を落ち着かせる効果があるので

次の”休息”(睡眠)に関連します。

休息は、具体的に言うと6~8時間の”質のよい睡眠”をとること。

質のよい睡眠をとるには適当に疲れていることも重要なので、

やはり”運動”は必要になります。

 

成長ホルモンを分泌させるための運動

いろいろと調べてみましたが、運動は、ざっくりいうと

何でもよいみたいです。

しかし、40代50代となると

”継続できること!”

が一番重要になると思うので

・あまりハードすぎない(負荷が大きすぎない)

・続けやすい(簡単なもの)

・あまり時間がかからない(現代人はいろいろと忙しいので)

ということを意識的に選ばなければならないと思います。

これらの条件を満たすものとして、おススメと思われるのが

”プランク” と ”ウォーキング(またはゆっくりジョギング)”です。

プランクは、ご存知のとおり

ひじを突いて背中をピーンと伸ばす姿勢をキープするアレです。

最初は、20秒x3セット

20秒を徐々に伸ばしていくという感じでいいと思います。

プランクの効果は、深層筋肉(インナーマッスル)を鍛えることに

あります。

インナーマッスルを鍛えると基礎代謝がアップするので、

ダイエット効果抜群です。

 

あとは、ウォーキングですが

これは、わざわざウォーキングのために時間を取るのではなく、

会社の通勤とかで、歩くのをダラダラ歩かず

心持ちペースを気にして早歩きにするという程度であれば、

忙しい私たち40代50代でも苦にならずできると思います。

さらに余裕があれば、ちょっとした筋トレを足していけばいいのではないかな?

と思います。

さー、お互いに無理なく続けていきましょう!

がんばりましょうね!

 




-運動関連
-, ,

© 2022 体年齢10歳若返りでメタボをぶっ飛ばせ! Powered by AFFINGER5